ANEMOS TERAS〜SORA Phil garden〜ReAnge

『再現性』サロンスタイルを家でも再現するために

髪の3大悩み その1

【再現性】

私たちは、ご来店頂いたお客様がサロンでのスタイル、肌の状態を家でも簡単に【再現】して頂くために必要なことを追求しています

Anemos Teras〜アネモステラス〜

初めてのお客様はもちろん、定期的に通って頂いているお客様にも毎回しっかりとカウンセリングさせて頂いていま。毛髪、頭皮、肌、ネイル・・体調などにもよって変化するものです。その時に最良の選択、最高の技術を提供させて頂くためにはこのカウンセリング無くしてはありえません
自分自身の頭皮の温度、皮膚の水分量や脂量を知っている人はほとんどいません。ですが、それが技術を提供させて頂く上では絶対に必要だと考えています。その日、その瞬間の状態が薬剤選定、放置時間が変わるのですから。 私たちは感覚ではなく、きちんと計測したデータをベースに施術させて頂いています
業界平均10%と言われているヘッドスパですが、私たちは10年以上80%を切ったことが一度もありません。理由は簡単、リラクゼーション目的ではなく、毛髪、頭皮にあったその時に必要な技術として提供させて頂いているからです。頭皮、毛髪ケアの1つとして月に一度のヘッドスパは欠かしてはいけないのです
薬剤メニューの後に、薬剤を取り除くことをしていますか?カラー、パーマにストレート・・薬剤を使うメニューは残留によるダメージが大きく占めます。にもかかわらず、傷んだ後のトリートメントは考えるけど、薬剤を取り除くことは考えないって不思議でなりません。自社で独自開発している安心・安全な処理剤を用いて、頭皮、毛髪、肌に薬剤を残しません
010年間の総来店客数
0円/1回あたりの平均技術単価
お客様満足度:0

ReAnge〜リアンジュ〜

どんなに良い技術も、良い商品も一人一人のお肌の状態によって施術も、ケアの仕方も変わってきます。だからこそ、毎回しっかりカウンセリングさせて頂き、子供の頃のような肌を一緒につくっていけるのだと考えています
なんとなく・・これが一番曖昧であてにならない。きちんと毎回水分量、脂分量を計測し、その時のカラダ、お肌の状態にあった施術を一緒に考えています
サロンで綺麗になるのはもちろんですが、それを家でも『再現』できることが大切だと考えています。そのためには絶対に欠かせないローション洗顔!ReAngeミューズはここから始まります
BMW=バイオウォーミーパック これは東京大学の農学博士の指導の元に作られた安心・安全なパックです。ここれが出来るのはサロンだけになりますので、1人1人にあった周期を的確にアドバイスさせていただいています

最近Mail配信でお客様にお送りしている内容は、シリーズ化に凝ってます^ ^

前回までは冬場で特に気になる頭皮の乾燥。
その頭皮乾燥には5つの要因があり、その根本理由と、具体的改善策をお伝えしたところ、多くの反響を頂きました^ ^

で、今週からは【髪の3大悩み】シリーズがスタート!
まずは1つ目として【くせ毛】にフォーカスしてお伝えしていきます。

 

よく、世の中のサービスや商品は、困りごと、悩み事が形になったもの・・と言いますが、美容のサービスや勝因もまさしくです!要は、昔から無くならない美容サービスというのは未だ完全解決できていない【悩み】と言えるのかもしれません。

それでは、本題です^ ^
今週は3大悩みの1つの根本要因と、具体的な改善策をお伝えしますね!!

1.くせ毛
くせ毛には2種類あります。それは先天的なものと、後天的なもの。
先天的なものとしては、遺伝。くせ毛の原因は髪の毛として頭皮に出て来る時に、毛穴の形によって扁平になったり、拗(ねじ)れたりでうねりを生じます。

そして、もう1つは後天的なくせ毛。先天的要因の毛穴の以上ですが、実は遺伝だけでなく、頭皮の脂汚れがきちんとシャンプーで落とせていない場合、それが酸化し、固まり、毛穴を塞いでしまいます。結果、扁平になったり、拗れたりと先天的なくせ毛と同様なうねりを生じてしまいます。

また、後天的な要因はもう1つあります!ダメージ毛です。外的要因による物理的ダメージの要因が2つ。1つは無理なブラッシングやコーミング。またアイロン、コテなどによるダメージ。もう1つは、カラー、パーマ、ストレートなどの薬剤によるダメージです。

毛髪は傷むと【乾燥】します。乾燥すると、髪は広がったり、パサつき、ごわつき、そして収集がつかなくなり、これをくせ毛だと思う方も実は多かったりするのです。

*対策*
先天的な根本要因は改善出来ません。サロン、家でのケアの仕方で扱いやすくするほかないのが現状です。ですが、もう1つの後天的要因は、いくらでも改善の余地があります。毛穴を塞ぐ脂汚れは、日常のシャンプーを正しく選び、正しいシャンプーのやり方で汚れを落とすこと。

また物理的ダメージは、家でのケアの仕方を見直し、きちんとプロのアドバイスに従うこと。そして薬剤メニューは、そのサロンがどんな薬剤を使用し、どんな薬剤処理をしてくれているかを、私たち自身が見極めることが重要になってきます。

**具体的なケア方法**
・シャンプー選び、正しいやり方
基本2回のシャンプーがオススメ!1回目は頭皮の脂汚れを落とすシャンプーを。そして2回目は毛髪の汚れを落とすシャンプーを使い分けることがベストです。ただ、面倒だという方(←私もです・・)は、地肌を優先に考えたシャンプーで2回洗う!

シャンプーは泡立ちとか、香りとか、最たるは質感優先で作られています。ですが、これは地肌のことを考えているとは言えません。経皮吸収されることも考えると、やはり安全性が高いものを選ぶべきです。ただし、安全性が高くなると、1回目のシャンプーでは、ほとんど泡立たないことも多いのです。ですが、これが頭皮が脂汚れや異物で汚れている証拠なのです。その同じシャンプーで2回目洗うと、きちんと泡立つし、毛髪の汚れも落とせます^ ^

髪の質感、栄養補給はトリートメントや、乾かす前のケアで行うのが一番。シャンプーに正反対の汚れを落とすことと、栄養補給(=質感)を求めちゃダメなのです。

いやぁ語りだすと幾らでも言いたいことが・・ww
売れるシャンプーを扱うのではなく、きちんと根本要因を改善するための、そして何より安全性が高いものを選び、髪と長い友達(←髪という字を分解すると・・)でいたいものですね^ ^

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)