‘仕事’ カテゴリーのアーカイブ

最近イロイロな相談を頂きます・・

僕が基準にしているコトはちょーシンプルで、TEDのゴールデンサークルでいえば、whyの部分

スペックより目的

それが全て


大切な人や、家族を守る、そして社員を守るためには稼がなきゃいけないのは、間違いない事実です。

けど、けど・・目的が心に反したことで稼ぐことが目的な事業はしたくない、というか性に合わない。

なんだかチカラが注げないんです。。

仕事に真剣
これ、当たり前

で、もーいっぽ踏み込んで

お客様に真剣

飲食でも、エステでも、美容室でも、やっぱりお客様に通い続けて頂けるお店づくりが基本だと考えます。

売り切り、とか、一時の売上のための取り組みはやっぱりしっくりこない。。

だから、そんな想いに共感して頂けるのであれば、僕らでお手伝い出来ることは何でもします♪

 


去年から飲食事業にも携わるようになり、昨年の売上に対し毎月120〜200%の伸び率を10ヶ月継続しています。
何をしているのか??

・集客
1つはfacebookページを作成し、今でも毎日コンスタントに記事を更新して貰っています。接触頻度を上げるコト、またお店がどんな料理を提供し、どんな人が働いているかを周知して頂くコト


1番大切なのは、
誰にでも出来ることを誰にでも出来ないくらい継続する


これに尽きます
具体的な施策をしないのも習慣
具体的な施策を継続をするのも習慣


やれない理由は要らないっす
何が出来るか・・今やっているコトが正しいのか、正しくないのか、それが全て


・モチベーション
根性論反対派です
人に上げられるようなモチベーションなんて継続出来ない・・これが僕の持論です


結局は自分自身が気が付くことが全て
なので、全て数値で話しをします

やっているコトが的を得ていたら結果が出るし、的を得ていなきゃ結果が出ない

ちょーシンプル

数字はキライか好きかなんてどうでもよくて、今自分がどこにいて向かうべく目標に行けているかどうか・・誰でも知りたいはず
その羅針盤は数値管理に他ならない
なので、細かく分析し、細かく提示し、それを見て何が分かり、何が出来るかを一緒に考える


・数値管理
今は便利な世の中です
仕組み、システムさえ構築しちゃえば必要なデータは揃います。

分析が目的じゃなく、あくまでもアクションを起こすことが目的
そのための数値管理

現場では気が付けない分析をし、提示し、考え行動出来るコトを一緒に見つけ出す
今やっているコトが正しいのか・・
それとも間違っているのか・・・


それが気にならない人っているのかな?


まぁ、いるとしたら言われたからやってる・・という受け身の人だと思う

自分が目指すべき目的地にちゃんと向かっているかどうか

それが最短距離なのか、それとも遠回りしているのか

そんな自分の行動分析は数値から出来るでしょ!?
がむしゃらに無駄な労力を注ぐほどお人好しじゃないっす

 


基本、知らないことを知るのは好きです。
でも、でも・・興味があるコト、歩もうと思っている未来のためになると思うモノに限定されますが。。

取り組みの1つに、1つの会社に1人持っておかなければいけない今回の資格


キャリアコンサルティング


んー端的に言うと、マッチングだと思います
働きたいけどどうして良いか分からない、という人と、働き手を探している、というのをカウンセリングでイロイロ引き出し、それに該当するような会社とのマッチング

これさー
そうなんだろーー

個人的には・・
あくまでも個人的には・・・

経営者や、経営に携わっている人に話しを聞く方が、よっぽど現実的なんじゃないかな

講習を受けるにあたって、本当に僕は僕にとって必要じゃない、と思っている情報、考え方は取捨選択してきたんだなーーって実感します

これだけの情報社会だと、欲しい情報は入る分、それを見極め分別するチカラがちょー重要だなーーって再確認

経営に携わっているスタッフには、ある1つの分別方法を伝えていますが、やっぱそれが間違いじゃないって思います

 


弊社スタッフも、社外から講師として来て欲しい・・
そんな依頼を頂くようになってきました♪

会社が発展していくには、必ずその要素があり、それは紛れもなく“人”だと考えています

もちろん仕組みも必要ですが、その仕組みも運用するのは結局は“人”なわけで


ただ僕は【顔が見える仕事】が好きだし、これは社内にも社外にも心掛けていることです


どんな良い条件やオイシイ話し(笑)であっても、顔が見えない=背景が見えない人とは仕事はしたくありません

自分が前線に立って戦い、結果を残すことはちょー大切ですが、それが出来るのもイロイロな人があってこそのこと

でも、その存在を感じない
その存在をあらわにしない

手の内を明かして欲しいってコトではなくて・・

なんだろ

上手く言えないけど、その会社の、その人の後ろにどんな人たちがいて、どんな想いを持って取り組んでいるのかを感じられないって、これからずっとい付き合っていくためにはリスクだと考えてしまう

わざわざリスクかな、って思いながら仕事なんか、付き合いなんかしたくないしね


僕らがお取り引きをさせて頂いている会社は、まず僕が間口になる
だから、僕がそのお取引先の方々をスタッフにきちんと伝えられなかったら、スタッフからしたら

顔が見えない

ってなる
だから、僕は精一杯その会社の顔が見えるように、プレゼンもすれば、実際に一緒に学びにいったり、来社して頂いたりって出来うることは全てする

僕がフィルターになって、顔が見えないって思われるのは、スゴく嫌


で、なんでこんな話しをしているかっていうと・・


イロイロな依頼を頂くのは、それぞれのチャンスだし、どんどん活躍していくべきだと思ってます


が、顔が見えない相手とはやりたくないし、関わりたくない


それが何よりの本心


顔を見せる努力


これは社内でも社外でも絶対に必要だと思うのです


それぞれの店舗に、本当に魅力的なスタッフがいて、それぞれ美容業界ではずば抜けた結果を出しているかもしれません
なので、講師としての依頼を頂くのは大いに有り難いコトなのですが、会社に、スタッフみんなに顔を見せるようにして頂けると幸いだな、と


それぞれの結果は1人1人のチカラだけど、そこに至るまでにはやはり会社の仲間がそれぞれ関わっているわけで


余談ですが、僕は講師料や、顧問料を個人的に頂くコトはありません
必ず会社を通して、会社から請求させて頂き、会社の売上として計上させて頂いている


これが正しいか、正しくないかは関係ない


これは僕のモラル


今までも、これからもみんながいてくれるからこその結果だから
それに伴う報酬は、僕のものじゃない


なんにせよ・・


顔が見える仕事


それが信用と信頼を構築していくのは間違いないかなって思います♪

 

昨日のアリババでのセミナー内容を、社内、顧問先で共有しました。
で、今日も朝からトップ代理店協議会だったのですが、さまざまなところから内容を共有して欲しい!とのコトだったので、そのまま原文でシェアします♪

表現が至らない点があると思いますが・・・
少しでもこの共有内容で業界発展の役に立つならばいいなーと♪

・本文
アリババ株式会社(http://www.alibaba.co.jp/corp)

資本金は12億を超え、取締役にはソフトバンクの孫さんの名が並ぶ・・

日本でのインターネットモールでは楽天(1,2兆円)が有名だけど、中国を中心とするアジアではタオバオ(60兆円)がダントツ。

数年前にソフトバンクがタオバオを買収というニュースで知っていたけど、これほどの規模感だとは正直知らず、セミナー冒頭での簡単な紹介で大変なトコに来たのでは・・と。

けど、そんな疑念は一瞬にして吹き飛ぶほど、めちゃくちゃ勉強になった!!

アリババがこんなセミナーをする目的は、

日本企業が海外に出て行くためのサポート(もちろん有料)をするため

なんだけど、その前に世の中の流れがどうなっていて、何が必要で、どうしていくべきなのか、という全体像から話しが始まり、売り込みは一切しない。

最後に興味があれば、アンケートに資料請求のチェックをしてね・・くらいなもの。

ここでもやはり【why】から始まっていることに気が付くだろうか?

海外ビジネスの話しは割愛しますが、3,000社を海外へ誘致し、そのうち1,200社が数億から数百億までの売上を構築したアリババがまとめた成功する企業と、そうじゃない企業の詳細は、まさしく僕ら1人1人にも、そして店舗、会社にも当てはまる内容だから、自分に落とし込みたい人は、ぜひしっかりと読み込んで欲しい。

◇成功と失敗の分水嶺
課題は徹底的に因数分解せよ!!
これは、孫さんが関連している会社では徹底している、と。
徹底的に因数分解をして、重要な2つか、3つの問題点を明確にし、そこを徹底して改善していく・・

トヨタのかんばん方式と一緒で、やはりwhyを追及していく

◇2人の経営者からのメッセージ
セミナーでは、途中に数名の経営者からのインタビュー動画が差し込まれていた。

ユニクロの柳井社長
日本電産の永森社長

メディアを通して発言している内容や、書籍では知っているけど、こんなにも身近に感じるのは初めてだった。その中でも彼らが言っている言葉1つ1つに重みがあり、ココロに響く・・

・最初から上手くいかないが前提で、出来る対策を全てする
⇒能天気ななんとかなる・・では決して上手くいかない
ありとあらゆるリスクを考え、その対策まで考え行動するコトが重要

・チャレンジしないもリスク、チャレンジするのもリスク
何をするにしても、またしないにしてもリスクが伴う
だからこそ、目の前にある少し背伸びをしなければ達成出来ないコトにチャレンジし続けるべき。やりながら考え、やりながら修正するなんていうのは、当たり前!

◇原理原則=黄金比率
・確率論を制するものがビジネスを制する・・孫さん
世の中には必ず原理原則があり、それを知り、それを活用出来る人だけが成功する

要は、確率論=統計論=マーケティングとなる
上手くいっているには上手く行く理由がある
その上手くいっていることも、いっていないことも因数分解し、重要な2つ、3つに絞り込み行動あるのみ!

◇2つの本質的課題と突破方法
1.どのような顧客を獲得すべきか?
2.どのような販売網(チャンネル)を構築すべきか?
正しい経営の黄金律を持続するとこしか成功しない

◇壁はない
ワケの分からない方法でやっているから壁にぶつかる
よく分からないで経営している・・これは世界を探しても日本だけ
原理原則は絶対に理解しておくべき

◇集客⇒顧客化
見込み顧客獲得発掘・・興味を持っているお客様を発掘(情報発信、集客)
初回成約顧客・・新規として来店して頂く
リピート顧客
ヘビーユーザー

◇お客様に聞くべき質問
なぜ、ここのお店に来てくれているのか?
この商品のライバルは?
リピート顧客のライバルは?
どんな風に変えていけば、もっと受けるか?

◇ヒアリング能力
相手が答えたくなるように質問する能力

◇凡事徹底
何ごともこつこつと継続していくこと
成功する前に諦める人か、成功するまで諦めない人か、ただそれだけの違い

◇1億から10億へのポイント
・予期したものとは全然違った
予想しないことだらけ
走りながら、要望に柔軟に対応出来る適応力
顧客理解と適応力(どのような製品・サービスがあれば買ってくれのか)

以上
ざっと走り書きですが、どう感じるだろうか?
今現時点で気が付くこと、学ぶことを1つ1つ焦らず行動にしていこう!

僕ももっともっと学び、機会を創出出来るように走り続けます♪

 
1 2 3 4 5 6 54