‘一応先生・・’ カテゴリーのアーカイブ

ルーチンとか、ルーティンワークとかって、繰り返し同じ作業・・的なイメージが強い。だけど、捉え方を変え、自分のライフスタイルの習慣を変える大きな役割を担う。

先日の学校での授業。内容はディプロマ取得のための検定試験。今月、来月、そして再来月と3ヶ月連続での試験。学年が変わる前の最後の追い込み。。といった感じ。

試験を始める前に練習を行い、その後試験に入る訳なんだけど、その様子を見ているだけで発見がある。

僕がルーティンという言葉を初めて知ったのはイチロー選手だったように記憶している。毎朝カレーを食し(←現在は食べていないとか!?)、バッターボックスに入る足はどちらから・・と決め、そしてフォームに至るまで全部同じ流れを繰り返している・・と。

要は、上手く行った時の一連の流れを毎回徹底して同じように繰り返している。

これは、僕らの仕事も同じでは!?

特にウイッグを使って行う練習とか、検定などは顕著で、自分の立ち位置、姿勢、コーミングの回数に、ハサミの開閉の回数、チェックの仕方・・などなどルーティンとして同じように繰り返すと、何が問題なのか自分自身で気が付きやすいもの。いつも毎回違う状況下で取組むからこそ、毎回違う結果となり、何が良くて何が悪いかを自分自身困惑してしまうのでは!?

練習風景、試験風景を見ながらそんなコトを考えていた。検定とか、コンテストは1度きりの勝負かも知れない。でも、それを取得したり、出場する目的はあくまでも【お客様】に提供する為の投資であるべき。であれば、高いレベルで提供する為に自分自身のルーティンを確立すべきなんじゃないかな・・なんてね♪

 

昨日は久しぶりに学校での授業。
カットでのディプロマを取るかどうかを、数年前から選択するようになった。そうなってからでは、一番人数が多いと年なのでは・・
それでも、毎年すぐにいっぱいになってしまう定員数を今年はまだ満たしていないという。KBCグループは様々な専門学校を持っているが、一番人気は公務員関係。きっと本人以上に、両親の意向が強いのかもしれない。
当然僕らの業界にも同じモノを求められるため、社会保険などの労働環境の整備は欠かせないものに年々なりつつある。
周りに目を向け、客観的な視点を持たなきゃ変化には気付けない。どちらにしても、世の中も、それぞれの業界も変化し続けてる。僕も関わらせて頂いているからこそ気が付く点も多く、教え方・・伝え方も変化していかねば!

 


去年より大きなホールでの開催。収容人数は1,000人という会場には沢山の人が訪れていた。
コンテスト形式で行われた審査をさせて貰い、その後はブライダルヘアメイクショー(↑写真)に県内外12サロンによるステージ。ヘアショーに関しては、一般モデルの中に事務所所属のモデルさんが2人ほどいた。そうなると可哀想なのは一般モデルさんとプロモデルのウォーキング・・
主催するならどちらかのモデルさんで統一してなきゃ、ちょっと可哀想だし、わぃなら同じステージでウォーキングしたくないなぁ
まぁ、そんなこんなでしたが、学生、社会人に関わらず一生懸命な姿には心打たれるものがあります。19,20歳の学生がこれだけのクオリティーのステージを創れるワケだから、僕らももっと精進すべきですね。
にしても、一番最後の学生による涙ながらのコメントには、今年も心打たれちゃいました・・・
学生の皆さん、そして学校の先生方、関係各位の皆様、本当にお疲れ様でした!!

 


沖縄に帰ってきました♪
こっちも気温は上がらず、相変わらずの曇天模様に風が吹き荒び、体感温度は結構寒い・・・
今日で2度目のレイヤースタイルだったんだけど、常勤している先生の熱意がスゴい!
非常勤で行かせて貰っているからこそ気が付く事を、きちんと明確に伝えてあげるコトがオイラの役目だと自覚しています。
スタイルを切るのも、点と点を結び、ラインを作っていく。
やみくもに切っていたって、求めるラインを描く事なんて出来ない。
やみくもに歩いてて、エベレストの山頂には到着なんて出来ないだろ!?
ただ歩く時間も、きちんと逆算して、、計画して歩くのも同じ時間と労力だけど辿り着ける場所が違う。
今の時間、今の労力、今の努力の延長線上にあるモノが何なのかって考えるだけでも、習慣なんてモノは変えられるモノだと想うんだよね。

 


授業がありました♪ちなみに最近は写真撮りません。
ですから、3年くらい前のデータ写真なので、現状より体重-8kgと思われます。。涙
今月の朝は個人面談ではなく、サロンMTのため、通常は本店店長とミーティング。
目的は状況共有と、価値観の共有。大切なコトは素直であり、謙虚であること。そしてすぐに行動に移せる機動力があれば、状況はぐんぐんと変わってくる。
学校での授業は、確認不足でミーティングに時間を割いてしまったので、1時間半ほど遅刻!?的な感じで参加・・・汗
2月1日に国家試験、そしてその後に1日7時間全てが検定(その中のベーシックカットを指導)というコトで、普通に働いている人たちの何倍も努力をしている生徒たち。。
少子化で毎年絶対数の生徒数は減っていっているはずなのに、ココの学校だけは、定員数の2~3倍の募集が来ているというからスゴい!!
ってことは・・やる気のあるタマゴたちが沢山いる!ってコトなんですよね。
結局はそれを活かすも殺すも先輩であり、お店であり、会社ってコトも割合としてはかなり締める訳ですね~。
現場で働くってことは、それくらい責任感なきゃいけないというコトですな♪
まっ、生徒たちは大変だと思いますが、過ぎ去ってしまえばあっという間です。
頑張って乗り切って貰えるように、精一杯サポートしたいと想います♪