2013 年 6 月 のアーカイブ

もう7〜8年前になるかなぁ
当時行われたヘアショーのスタッフではなく、モデルとして参加させて頂いたコトがあります。

僕なんかがモデルってちょっと恥ずかしいですがww

で、その時にお会いしたのが最後だったのですが、先日お逢いする機会がありました。

ビバfacebook♪

今では3店舗展開されていて、ちょー繁盛店です。
やっぱり流行るには流行る理由がある。
人でも、ビジネスでも粗捜しをする方がいますが、そんなのどーだっていいです。

粗を探して、それ見て安心するような大人にはなりたくないなって思います。

で、結果的にそれぞれが得意とする分野で、絡めそうです♪
こんなのってちょーワクワクする。

会社の発展以外、労働環境の改善って出来ないと考えています。
好きなコトやって、思うように愉しむためには、無駄を削ぎ取り、力を注ぐべきとこに全力で注ぐ・・そんなコトが出来る環境をつくる。

それが僕の役目

どんどん突っ走ります♪

 


AvanjellirがOPENして半年経ちました・・っておもてなしの達人でもある卓子さんのblogを見て気付きましたww

色々な経緯があったし、この首里のお店をOPENするにあたっては会社としてもそうですが、彼女自身にとっても大きな挑戦だったんじゃないかなって思います。

おかげさまで、今でも数ヶ月先まで予約でいっぱい。
何よりもお客様に真剣に、そして何よりもお客様を大切に・・そんな想いがこもったお店♪

やってやれないことはないんだって改めて気が付かせて貰いました。

 


先日、あるサイトで豊見城店の癒し系の幸枝店長がさせて頂いたスタイルがアクセスランキング1位に選ばれたそうです。

また、別のサイトでは豊見城店の評価が1位を取ったみたい。

お客様からしても、自分が通っている、もしくは担当しているスタイリストが選ばれるのって嬉しいんじゃないかなって思います。

スタイルにせよ、想いにせよ発信するのってすげー勇気が要ります。

だって、中途半端に目立っちゃうと“出る杭打たれる”的なコトってあるじゃないですか。

そんなの関係なく出過ぎちゃうくらいの強引さがあればいいけど、なかなかそれは図太さがなきゃ難しい。

特に、癒し系の幸枝店長はそれを望まないんじゃないかな。

目立ちたがりなワケでもないし、前に出てきたいタイプでもない。
でもね、お客様から必要とされて、お客様に愛されるお店を創るってめちゃめちゃ大変なコト。

そのために彼女たちが努力しているコトが、外の誰でもなくお客様に評価して頂けるって嬉しいことです♪

みんながやりたいコトをやって、そしてそれがお客様に喜ばれる・・そんなお店、会社でありたいなって思います。

 


8月のプロジェクト名が決まりました!

            SLAP

まぁ、意味はプレスリリースの時にでもお伝えします。

話しは変わりますが・・
周りの人に、

“人生or仕事、愉しそうだね”

って言われないのは、すげーイヤだなって思います。

日本人の美徳というか、本質に“我慢”とか“忍耐”ってあるような気がしてて・・

もちろん、それもスゴく必要だって理解はしてます。
でも、やっぱり愉しくて、それに結果が伴うのが一番じゃないかなって。

だけど、自分が愉しむには、周りにいる人をドキドキ、愉しませるコトが出来る人じゃなきゃいけないように思います。

自分が愉しくないから、周りにもそんな態度で当たる・・これ最悪

誰も助けても応援してもくれない

そりゃそーだよね
誰だって、個人の欲求を叶えるために、自分以外の人に労力を注がないでしょ

それが分からないって悲しいことだなって

僕は善人じゃないから、そんな人とは関わらない
ドライかもれないけど、そんな人に時間を割くくらいなら、自分だけじゃなく周りの人をハッピーにしようとやってる人にエネルギーは注ぎたいかな

時間は有限だしね

静かな水面に石を投げれば波紋が起きる
波紋が起きるからこそ、自分の居場所、はたまたそれがニーズがあるコトなのか分かるんじゃないかなぁ

だから、どんどん発信すべき

最初から、自分の視点や考えが的を得れるなんてないでしょ

何度も何度も叩かれ、揉まれ、そうやってフォーカス出来ればいいんじゃん

よく分からないけど、自分の都合で、自分の感情で周りに影響を及ぼすワケだから、周りをハッピーに出来ない人は、自分もハッピーになれない

愉しみたきゃ、周りの人間を愉しませて、必要とされなきゃダメでしょ

なんて思う今日この頃