2011 年 5 月 のアーカイブ

台風が過ぎさった沖縄は、梅雨明けか!?と思うほどのカラッとした気持ちのいい晴天に恵まれております。

観光の皆さんここ数日が狙い目です♪


さて、先日NHKの番組で、有名大学に受かった人たちの勉強方法・・みたいなコトを現役大学生が高校生に向けてアドバイスをしていました。

ビジュアル的に覚える方法、歴代将軍を続けて並べて覚える方法・・などなど勉強法、暗記法は様々でした。で、結局は自分にとって何が得意、何がベストなのかを知るってコトが大切なんじゃないかな、と。


昨日は営業後にスタッフが話しがある・・と事務所に来ました。
色々話しをして、挙げ句にはドライブしてスタバでコーヒー買って・・と、それはそれで愉しい♪

でね、まぁ生きていれば色々あるし、それらは一生かけても無くならない問題ですから、それに抗うより、どう付き合うか!?って自分自身が覚悟を決めた方がいい。

おいらの持論ですが、考えても悩んでも解決しないコトは考えない!
自分自身をコントロールするのも四苦八苦するのに、ましてや他人様をコントロールなんて出来なくて当然!相手がいる問題ってのは、いくら1人で試行錯誤してもハッキリ言ってムダなんだよね、きっと。

やっぱり本人と膝付き合わせて話ししてみなきゃ分からないし、解決しないでしょ!?

で、その心の切り替え方法もまた人様々。
本や色んな人に色んなアドバイスを貰っても、100%間違いない・・ってコトはあり得ない。結局は限りなく100%に近づける為、可能性を上げる為の種まきがしか出来ないんです。

自分には何が合っているのか・・ってこれがまた難しい。
ただ分かってることは、ウダウダ悩み立ち止まっている時間も、とりあえず行動を起こしている時間も、同じ時間だってこと。

1週間思い悩み家で引きこもってても、1週間後何も変わることないでしょ!?
やっぱ行動してみて、起きた波風に当たってみて、そうやって自分自身がどうなのか・・ってコトに気が付くんじゃないかな。。

おいらも凹むし、気分が乗らないコトも多々あるけど、それでもどうやったら切り替わるのか、どうやったら笑顔で、パワフルに突っ走れるのか・・ほんのちょっとだけ自分を理解しているのかもしれません♪

だからね、勉強も、仕事も、きっと人生も、、まずは自分自身にきちんと向き合い理解することからなんじゃないかな・・なんて思う今日この頃でございます♪

 




今回の台風は、過去5年滞在の中で最強だったかも・・
停電も数時間続いたし、ベランダにあったテーブルやイス、また屋上の倉庫に置いていたものも色々飛んでいきました。。

停電になるとまったくの情報が止まりますが、ツイッターでの情報は有り難かった!
電気に依存していることを痛感する今回の台風。

陽が上り、お店の状況が気になって回ったのですが、ガラスなどの破損はなかったので良かったですが、今もなお信号が止まってたり、明後日の方向に向いていたりする現状・・きっと今日は各地で渋滞しそうです。。

50人くらいのけが人が出ているらしいですが、皆さんの無事を祈ります。

 


桜井
神戸ポートアイランドにあるお店は、このblogでも何度か載せたことがある。

ここの店主である桜井さんは、本当にいつもパワフルだ。
カウンター席のみの席で、お客様をもてなしている姿はなんともカッコいい♪美味しいのはもちろんだけど、やはり桜井さんあってこそのお店・・やはり人を食らうってやつだ。

離れているのもあり、1年に1度顔を見にいければいい方だけど、今回もパワーを貰いました♪

 


昨日の夕方に沖縄入りし、今日の昼のフライトで帰る・・
そんな強行に日程で来沖下さった三重県のYさん、北海道余市のKさん。来沖の理由は、僕に逢いに来た・・そんな女性にはなかなか出逢えないでおいらですが、ホントにありがたいコトです♪

アネモステラスがオープンしてからの付き合いがある東京のKさん。
前回Kさんが企画をしてくれた新潟での講習の帰りに『良ちゃんにどうしても逢わせたい!』そう言って紹介下さったYさん。

そんなYさんの親友の余市のKさんですが、お逢いするまで何をされているのか知らなかったんですが(←失礼。。)、人口2万人強の余市に本店を置き、小樽や札幌で5店舗美容室を経営されているんです。

なんかね、人柄が滲み出てる感じ♪

少子高齢化という言葉はなじみがありますが、その実態に触れるコトはなかなかありません。
ですが、今東京を除く美容室に訪れるお客様の平均年齢が「44歳」だとか・・

最近スタッフにもよく言うのですが・・
子供は親にウソを付くとき本気でバレないと思ってウソを付く。だけど、それは親からすればすぐにウソだと見抜けてしまう。

最近研修をしてて思うのは、大人になっても平気でウソというか、取り繕いをする人が多い。もちろんその取り繕いをしている本人は、バレないと本気で思っているんだけど、そんなにお客様もおいらもバカじゃないんです。。

大切なコトは今出来ない、やれないコトを隠し、取り繕うコトより、それら全てを認めて今何が出来て、何をしているか・・ってコトの方がよほど重要なんじゃないかな、と。

そんな人って往々にして、すげー謙虚なんですよね。
だって、自分が足りていないコト認めれちゃっている訳ですから、謙虚に、素直でどんなコトにも耳を傾けられるんじゃないかな。

出来ていることが人間力じゃなくて、素直に現状を受け止めてて、謙虚に前向きに、そして何よりも行動しているコトが人間力なんじゃないかと・・

昨日の夜は久々に朝まで飲んでましたが、すげー熱かった♪
いや、ホント人は人が紡ぎ、人は人で磨かれるんだな・・って改めて実感した夜でしたとさ♪

 


先日祖父が亡くなり、祖父の地元である島根県での葬儀に行って来ました。
享年90歳の祖父は、2年前からいつ破裂してもおかしくない・・そう言われていた動脈瘤を患っていましたが、最後は病院ではなく自宅で祖母と、僕の両親に見送られ安らかに逝ったとのこと。

島根の田舎で執り行われた葬儀には、この地方一帯を担当?しているお寺さんにお願いをしました。実は5年ほど前の親族の葬儀にもお願いしているお寺、お坊さんでした。

で、結論から言うと、このお坊さんの気だるそうな態度は、遺族の感情を逆撫でるには十分な態度でした・・。それでも誰1人何かを言える雰囲気ではなく、葬儀自体は厳かに行なわれました。


親族での話しの中で出て来た話し。
単価が高い仕事には、仕事内容よりも、その提供している人自体にお客様が付く・・そんな話しが出て来ました。

僕の実家の割烹料理のお店は、岡山の田舎では単価が高い方です。で、今回帰りのフライトの前によった神戸の桜井も単価が高い。そこで共通するのは、料理だけではなく提供している【人】が占める割合が高いというコト。

うちの親父がお客様に言われた一言が・・
『料理だけを食べに来ている訳じゃない。ココには人を食いに来ている』と。

まぁ漁師町なので言葉は乱暴ですが、先日あるコンサルをしている社長さんに言われた言葉も同じでした。

『単価が高い仕事であればあるほど、人にお客様はつく』と。

結局のところ、どんな仕事であれ『人=人間力』であるのは間違いないようです。これでいい・・そんな終着点は無いのかもしれませんが、生きている間は人間力を磨くため日々イロイロなコトがあるのでしょうね、きっと♪