2009 年 5 月 のアーカイブ

お疲れ様です。
今日で5月が終わり、2009年も折り返しの月に入ります・・・
ん~マジで早い・・その早さに圧倒されるだけじゃなく、生きている時間を有意義に過ごしたいものです♪
さて、6月から募金をすることにしました♪
リコさんの話にもあったんですが・・
『How are you?』と聞くと、『まぁまぁ』って答える人が多いこと!!ってビックリしてました。。
んで、『まぁまぁ』って言う人に居心地の良い接客なんて出来ないから、どんなに忙しくったって家に帰らすらしい・・
そーゆーのは、絶対に妥協しちゃいけないことだと教えてもらいました。。
でね、僕らの仕事に置き換えて・・・
各お店のスタッフが、一日の仕事を『feel good♪』って全員が想えた仕事をしたら【500円】の募金♪
両店共『feel good♪』なら【1,000円】の募金♪♪
じゃ、何に募金しよ・・・
出てきた案は、透(スタッフです・・)の案で【サンゴを守る募金】になりそう。
環境問題に付随してて、水温上昇でオニヒトデがサンゴをどんどん蝕んでる・・・
だからね、地元貢献にもなる【サンゴ保護】のための募金をしようと想うのです。
愉しく仕事が出来れば、お客様も、、スタッフも、、、取り巻く人全てが『feel good』です♪
逆も然りで、自分だけじゃなく、、全て周りの人を自分の意識に関わらず巻き込んじゃってるんだよね・・
だから、どうせなら、、愉しく働ける、、、愉しく生きていけるルールっていうか仕組みはバンバン活用したい♪
世の中には、年齢に関わらず、、周りのこと考えて生きてる人たちっていっぱいいるんだよ・・
だから、僕らも出来ることはすぐにでも行動に移してみて、、ダメだったら軌道修正しようぜ!
ん~なんだか愉しみになってきた♪

 


今回の東京編もこれで最後・・・
郷ひろみがTVで言っていました。
「変わらないですね~」の問いに、、
『いや、見方を変えれば変わらないのは周りで、、僕は変わり続けている・・』と。
50年の老舗のラーメン屋のオヤジが言ったそうです。
一日200食売れば経営出来るラーメン屋を、毎日400食を50年間1人で切り盛りしてきたオヤジ。。
お客さんにインタビューすると・・
「いつ来ても、変わらず美味しいラーメンが食べられるのが好き」と。
そして、今度はそのこだわりのオヤジにインタビュー・・・
「変わらず美味しいラーメンを提供出来る秘訣は何ですか??」
『お前は、何言ってんだ!!』
『50年間毎日、毎日少しづつ変わってんだよ!!!』
『じゃなきゃ50年も続けられる訳が無い・・・』
やっぱり・・・
変わらなきゃ♪です!!
今スタッフとも皆で共有してますが、分かったつもり・・が一番怖い。
聞いた話も、共有した情報も、、自分で表現してみるとなかなか上手く出来なかったりする。。
外枠の無いパズルを作り上げるのが難しいように、何の為に・・って外枠が絶対に必要。
いきなり上手く表現出来たり、上手く伝えられる訳じゃない。。
大切なのは喋ることではなく、伝わっているかどうか・・
ん~変わらなきゃです♪

 


いや、別に、、ちゃんと女性が好きです、、、ハイ。。。
あのね、高橋さんとの出逢いは4年?くらいになるだろう・・・
その当時は、経営のこと勉強したくって無料のものを中心とした経営セミナーや、、異業種交流会なるものに沢山参加していました。
その中で僕が感じたことは・・
あれ?あんまり、そんなに、、こーゆーのって大したことじゃないんじゃね!!??
・・・・ってかなり失礼です。。
でもね、そんな風に感じてしまいました。
そして立場、環境が変わり、、きっと見るものが変わったのか、、、今までのそれらとは違うモノを勉強するようになった。
どっちかって言うと、根性論っていうか、、精神論っていうか、、、そっちに偏ったものが中心となる。
その中で涙するほどココロ震えることもあったし、視点が大きく変わるきっかけを創ってくれるものもありました。
すげーーーーって・・
こんな連中世の中にいっぱいいるんだって。。
で、そんな方々が経営している基礎となっているお店に伺うようになった。
そしたらね、一番根本である足下が『あれっ!?』みたいに想うことが何度かあって・・・
講習や講演をするのはスゴいコトだと想います。
でも、それをするきっかけに至るのは自分の足場がきっちりしているから・・だと想うのです。
そこがね、カシータって、、高橋さんって絶対に揺るがないのです。
今回お話を聞かせて頂いたシャーリーさんやリコさんも同じ。。
何が良いとか、悪いとかじゃないですが、、僕はどちらかというと講習メインより、、、ちゃんと基礎がきっちりしてるって感じれる人が好き♪
すごく偏った意見だってのは自覚していますが、だってそーなんだからしょうがない・・
だから、僕は、、僕らはきちんと基盤創りながら発展して行くんだと強く強く想う。
人様の心配するほど、人様のコト気にするほど出来た人間でも、、出来た会社でも有りません♪
だからって、自己都合の為の発展なんて考えていませんが、、まずはしっかり形創っていきます!!!
課題の中で年4回ほどパーティー主催するコトになってんですが、そのうち一番大きな1回だけは高橋さんを招待して、、スタッフたちと共有する予定にしてます♪
高橋さんを始め、事務局の方々、、レストランスタッフの皆様、、、本当にお疲れ様でした!
そして、貴重な体験と経験をさせてもらい、、ホントにホントに感謝です!!
ありがとうございました!!!!!!!

 


ハグしたいですが、僕の顔はリコさんの胸に埋める感じになるのでヤメときました・・・汗
リコさんの講習のキーワード・・・
『したいと想うこと』
本にも出てきましたが、結局は環境とか云々ではなく、、自分自身がどう想い行動するかにかかるということ。
出来る出来ないに関わらず、ドコを目指し、、そのためにどんな努力が出来るのか・・・
この時間も高橋さんと、リコ氏の対談形式だったのですが、、質問がかなりナイスな感じでした♪
そのおかげで、仕事だけに関わらず、、ココロの内部というか人間性というか、、、そんな類いがビシビシ伝わってきました!!
経営論、教育論、、などもあり興味深かったのですが、、、高橋さんが引き出したかったのは人間性・・
それ故に、生い立ちから1人の男性として、、そして父親としてのリコさんの考えが垣間見えました。
『紳士・淑女』
と聞いて、どんなイメージを抱くだろうか・・・
大人な雰囲気で、少し経済的にも時間的にもゆとりを持ってって、、落ち着いた雰囲気。。
そんなところが、僕の抱いていたイメージで、、きっとそれは他の人たちも大差ないものだと想う。
でもね、リコさんが想う『紳士・淑女』は違う。
周りの人全てを快適に出来る人。
自分が愉しいものや、興味深いものを自分だけじゃなく、、周りの人々を巻き込み愉しめる人。。
そう話す言葉は何が言いたいかと言えば、誰でも『紳士・淑女』に慣れるということだろう。
完璧でありたいけど、完璧でないことを自覚し、、その先のゴールを目指し揺るがない強さとユーモア♪
なんかね、勝手にイメージだけ肥大して行き、雲の上の人で特別な人と位置付けてしまい、、努力を怠る自分を再認識・・
違うんです。
みんなね、同じ人間であって、、何を想い何をしているかが全ての積み重ね。。
シャーリー富岡さんも、リコさんもにじみ出るような暖かさと、、溢れんばかりの笑顔で話された1時間ちょっと・・・
感じること、学べること、、気が付くこと・・・
本当に本当に沢山ありました!!!

 


1988年から開局したJ-waveのDJを、そしてANAの機内放送の音楽のDJの声もシャーリーさん。
懇親会の時には、弟のマイケル富岡さんも参加♪
ここからは台本なしの、高橋さんとの対談形式。
もうね、なんかね、、話を聞いているだけで自然と涙が溢れてきそうになる・・
すんげー温っかいんです。
喋り方も、声色も、、間も、、、全てが。。。
印象的なのは、車内や機内で隣に座った乗客とのこと・・・
何気ない挨拶を交わす日本人は10人中1人。
そして、欧米では10人中10人が笑顔で必ず言葉を交わすという。。
素直、チャレンジ、、勇気・・・
【言葉はココロのカギ】
マジで素敵な素敵な女性であり、、ココロ打つお話でした。。。